オプション取引の損益

 

オプション取引は使い方があって複雑な使い方ができるのですが、単独でも損益が発生します。この損益は、原資産を普通に取り引きするよりも大きくなると言う特徴があります。つまり、原資産の価格の変動よりもオプションの価格の変動のほうが大きいという傾向があるため、投資効率は良いのです。
また、実際につけられている価格よりも大きな取り引きができるというメリットもあります。簡単に言えば、証拠金を預けて、そしてその証拠金よりも大きな取り引きができます。一言で言えばレバレッジ投資だと言えるでしょう。
保有している資産よりも高いパフォーマンスで運用できる可能性はありますが、その分だけリスクは大きくなると言う特徴があります。ですから、損益だけを見ればかなり大きいと言えるでしょう。これをうまく活用していくためにはリスクヘッジをきちんと考える事です。例えば、損失が発生したときには一定の損失でロスカットするというように価格変動リスクを抑える方法は必須ですし、取引高が大きいものを選ぶ事によって流動性リスクを抑えるという方法も必須でしょう。このようなリスクヘッジを用いる事によって損失を抑えて利益を拡大できる可能性はあると考えられるのです。